活動情報

第66回 理事会を開催

date:2013/06/29

第66回 理事会

第66回 理事会 2013.06.29平成25年6月29日(土)午後1時30分より、本部会議室において日本建設組合連合の第66回理事会が開催されました。馬場章年会長を始めとする役職員総勢16名が出席し、平成24年度日本建設組合連合事業報告及び収支決算報告等の議案について審議されました。


会議の冒頭、馬場章年会長は、次の通り挨拶されました。
「本日は、平成24年度の事業報告等を主要な議題としてご審議頂きますが、7月開催の定期総会を控え、日本建設組合連合の一般社団法人化についても、ご審議頂くこととしております。決算関係については、日本建設組合連合の一般社団法人化を見据えて、新公益法人会計基準に則って決算書類を作成しております。本日お越し頂きました黒島相談役は、行政書士等の国家資格も保有しておられ、法人格の取得にも携われたご経験もございますので、本日、お招き致しております。」

引き続き、報告事項として、三団体における賃料抑制を目的に議論を開始した事務所の在り方等検討委員会に関する報告、社会保障委員会及び組織対策委員会の各委員長から活動報告、東日本大震災に係る災害支援金の自主返納に関する報告及び職員就業規則の一部改正に関して報告がありました。

日本建設組合連合の一般社団法人化については、組織対策委員会において現行の定款を基として、法人化を見据えた必要的記載事項及び相対的記載事項等を盛り込んだ新たな定款作成に力を注いできており、本理事会での法人化に向けた決議を受けて、今後、説明の場としての組合長会議等の開催を経て、加盟組合のコンセンサスを得ることに重点を置いて作業を進めていきたいとの方針が報告されました。

次に、審議事項へと移り、第1号議案「日本建設組合連合の一般社団法人化について」、第2号議案「平成24年度事業報告について」、第3号議案「平成24年度収支決算報告について」、第4号議案「平成24年度会計監査報告について」、第5号議案「平成25年度一般会計収支補正予算(案)について」、第6号議案「平成25年度定期総会の議事案件について」が審議され、何れの議案も原案通り、可決承認されました。

 

← 一覧に戻る

このページの先頭へ ▲

日本建設組合連合の会員組合はこちら

官公庁からのお知らせ

住宅瑕疵担保履行法

日本建設組合連合 | JAPAN CONSTRUCTION COOPERATIVE ASSOCIATION

〒105-0003
東京都港区西新橋1-6-11
西新橋光和ビル6F

主な事業内容

  1. 建設連合国民健康保険
  2. 日本建築業国民年金基金
  3. 小規模企業共済
  4. 建設連合災害基金
  5. (一社)全国建設業労災互助会
  6. 建設連合建設産業海外視察団
  7. 労働保険事務組合/一人親方労災